うつから解放されてこころ軽やかに。

うつ病を専門医院で治療しよう【病院選びのコツを紹介】

それぞれの症状の違い

悩む人

うつ病にも1つに限った症状ではなく、様々な種類のものがあります。その症状によって治療法も変わることもあります。しかしどれも原因にかかわるものはストレスといわれており、そのストレスを感じさせないように環境を整えることが大切です。

もっと読む

心療内科の選び方

ウーマン

うつ病は、数値化できる病気ではありません。医師は、患者と話をして症状を把握し、適切な処方や治療を選択していきます。このため、話を聞いてくれる医師がいる病院を選ぶことが重要です。また、長期間の治療が必要ですので通院のしやすさも重要です。

もっと読む

オススメリンク

  • うつアカデミー

    気持ちが常に落ちているならうつ病になるサインかもしれません!ここで解消方法について確認しておくようにしましょう。
  • うつ病サプリ

    うつ病の人をどうやって判断すればいいのか迷っている人はいませんか?そんな疑問の声に応えてくれるサイトですよ。

知っておきたいうつのこと

相談

近年患者数が増加しているうつ病ですが、その病に対する知識を持つことで、自分や家族がうつ病にかかった時にも適切に対処することでできる可能性が高まります。普段から家族や友人と会話する機会を設け、メンタルのチェックを怠らないようにしましょう。

もっと読む

良い病院どうかを判断する

レディ

病院を判断する基準

うつ病になり、病院で診てもらおうと考えたとき、それは治したいから病院に行くことは当然のごとく前提としてあります。しかし、病院選びはとても重要で、病院の選択によっては早く治すことができることもあれば、逆に、悪化させてしまうケースもあるため、受診する際は気をつけなければなりません。しかしそうは言いましても、どのようにして病院を選び、良い病院か悪い病院か判断すれば良いのかわからないという人はたくさんいるかもしれません。どの病院もおおよそ診断時間は10分から15分となっており、その時間内で診察していきます。その時間内では、医師がよく患者の話を聞き、症状だけ聞くのではなく生活背景もちゃんと聞こうとしてくれる場合、それは良い病院ということが出来ます。医師によっては時間が足りないからという理由で症状だけ聞いて病気を判断し、薬を処方するところもあります。しかし症状を聞くだけでは病気を判断することは難しく、誤診することもあります。うつ病と診断されたはずがそれが医師の誤診で、本当は双極性障害だったというケースも少なくありません。しっかりと、どのような生活背景があるのか原因を探ってくれる医師がいるところが良い病院といえます。良い医師がいる病院は、評判が良いことがあり、多くの患者が診断を受けに行きます。その場合、混んでしまっても受け付ける病院はあまり良い病院とはいえません。ちゃんとしたところでは、混んでしまっている場合はその日の診断を断ります。混んでいるにもかかわらず診断を受付け、精神を安定させるための安定剤を強要されるところは良い場所とはいえません。安定剤を与えることで、逆に症状を悪化させてしまうケースもあるので注意が必要です。そのほか、たとえ良い病院と評判が良くても、やはり人には相性というものがあります。良い病院であっても医師との相性が悪ければ、その病院で治療を行うのはあまり良い方法とはいえません。相性によってでも早く治るか治らないかが変わっていきます。それだけうつ病はデリケートなもので、治すことができるようになるためにも妥協することは良くありません。しかし、自分1人で病院にいき、ちゃんと良い医師かどうか判断することができるのだろうかと不安を抱える人もいます。もしできるのであれば、病院へ行く場合、自分と誰は他にもう1人付き添ってくれる人を連れて行くことも良い方法です。第3者の目で病院を判断することで、患者の状態を浴することが出来るかどうかも違っていきます。うつ病は早期発見をして早期治療を行うことがとても大切となりますが、早く治すことができるようにするためには良い病院選びをすることができるよう、冷静な判断を行うことが出来る存在が付き添うことも大事となる場合があります。もし、付き添ってくれる人がいない場合は、診断してもらい、対応してくれる医師に対して嫌な気分を与えられないかどうか、又は話を聞いてくれずとにかく薬ばかり処方されるのか、自分自身がさらにネガティブになることがある場合は、通院先を改めていくのも早期治療をすることができる1つの方法となります。